MRI検査

MRI検査

「1.5テスラMRI」を導入しています

導入機種⇒シーメンス社製 MRI装置:1.5T-MRI装置 「MAGNETOM ESSENZA」

当院では、ドイツ・シーメンス社製の高性能MRI装置を導入しています。この装置は、超伝導磁石を用いた、1.5テスラ(15,000ガウス)の非常に強い磁場により、高精細かつ高速な画像診断をおこなうことができます。この機械は全身の検査に使用できますが、当院では、主に、脳出血や脳梗塞の兆候がないかどうかの検査で使用しています。

※隣接する整形外科では、椎間板ヘルニア、靭帯損傷など、より細かい診断をMRIでおこなっています。

造影剤を使わずに、脳血管や下肢血管の撮影が可能

MRIで血管を検査する際は、「造影剤」と呼ばれる薬品を注射しながら撮影する「造影撮像法」と、造影剤を用いずに描出する「非造影撮像法」があります。当院が導入しているMRIは、最新の非造影撮像技術を搭載しており、造影剤を使わなくても、頭部の脳血管や下肢血管が撮影できるようになりました。また、血管の形態のみならず、流れの情報までを得ることができます。これによって、動脈瘤や血管狭窄など、精度の高い診断が可能です。

患者さまの不安をできるだけ早く解消するために、当院では、随時、MRI検査を受け付けております。当日にMRI検査をご希望の方は、受診前にお電話でご連絡ください。

MRI予約をご希望される場合は、お電話でご連絡ください。
電話番号:048-652-8811
※MRIのご予約はお電話のみです。メール、インターネットからのご予約はできません。

MRI検査の注意事項(検査前に必ずお読みください)

当日

1服用中のお薬は、医師からの指示がない限り、通常通り服用してください。

2検査時間は目的や部位によって異なりますが、通常30分前後です。

3検査前に排尿、排便を済ませておいてください。

4検査前に所定の検査着に着替えてから検査に入ります。

(ボタンやファスナーのない着衣でお越しいただければ、着替えは不要です)

5金属は検査の妨げになりますので、次の物は更衣室で取り外してください。 

※貴金属類:時計、指輪、ネックレス、ピアス、ヘアピン、人工爪、マニキュア など
※眼鏡、カラーコンタクト、補聴器、入れ歯、エレキバン、湿布、貼り薬、携帯電話、使い捨てカイロ、ヒートテック、刺青は、火傷の可能性があります。
※磁気カード類は、検査室に持ち込むと全て無効になりますので、お気をつけください。
※化粧品の中には金属を含んでいるものもあるため、化粧を落としていただく事があります。

6検査開始および終了時間は、予定の時間よりも多少前後する事がありますので、あらかじめご了承ください。

MRI検査について

1MRI検査は磁気を使った検査であり、痛みをともなわず、人体に影響はありません。

2MRI装置の検査台に寝て、身体の力を抜いて動かないようにしてください。

3検査中、連続的にトントントンという音がしますが、心配いりません。

●次のような方は、検査ができない場合もありますので、必ず事前にお知らせください。
・心臓ペースマーカーを体内に入れている方。
・人工関節や脳動脈クリップ、外科用クリップなどの金属が体内にある方。
・閉所恐怖症など狭いところが苦手な方。
・妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方。

※もし都合により来院できなくなった場合は、事前に当院にご連絡ください。

診療のご予約について

当院では、診察の時間予約システムを導入しております。予約の方を優先させていただいておりますので
待ち時間を短縮したい方は事前予約をおすすめしております。当日、直接ご来院されても診察は受付けしております。

  • お電話にてご予約いただけます TEL:048-652-8811
    contact_tel_sp.png
  • 事前の診療のご予約が可能です WEB予約はこちら
    事前の診療のご予約が可能です WEB予約はこちら