脳卒中外来

脳卒中外来

こんなお悩みはありませんか?

  • 片目が見えない
  • ものが二重に見える
  • 片側の顔がゆがむ
  • 片方の顔面や手足が動かない
  • しびれる
  • 言葉が出てこない
  • 人の話が理解できない
  • ろれつが回らない

こんなときは急いで救急車を要請し、救急病院へ

  • 「イー」と言ったときに、片側の顔がゆがむ
  • 両手をあげると片方の手が落ちる
  • 「きょうは天気がよい」ときちんと言えない

こんな時は、急いで行動してください。
意識障害、半身麻痺、半身しびれ、呂律不良(脳梗塞、脳出血)、嘔吐をともなう突然の激しい頭痛(くも膜下出血)などを認めた場合は、救急車を要請してください。一刻も早い救急病院や脳卒中センターでの緊急治療が必要になります。

※もし症状がいったん治まっても、「一過性脳虚血発作(TIA)」である可能性もあります。大きな脳梗塞発作の前触れかもしれませんので、必ず、救急病院や脳卒中センターを受診してください。

当院の脳卒中外来

脳卒中とは、脳血管の病気のことで、脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血 脳血管障害などの総称です。何の前ぶれもなく起こることも多く、脳卒中を発症すると、重大な後遺症を残すことがあります。当院では、脳卒中センターや大学病院での経験を生かし、積極的に脳卒中の予防・再発予防に取り組んでいます。また、「隠れ脳梗塞」「脳微小出血」「脳動脈瘤」などを、検査で発見することも可能です。

MRI検査で脳卒中の前兆を見逃しません

1.5テスラ以上のMRI検査では、小さな病変や脳動脈の狭窄などを、より正確に診断するが可能となります。脳梗塞の前兆である一過性脳虚血発作や、小さな脳梗塞、小さな脳出血(脳微小出血)などが見つかることもあります。当院では、随時、MRI検査を受け付けております。当日にMRI検査をご希望の方は、受診前にお電話でご連絡ください。

脳卒中の検査

診察の上、次のような検査が必要です。

脳MRI・MRA、頸動脈MRA・超音波検査、簡易脳血流MRI:ASL、動脈硬化・血管年齢検査、脳卒中特殊血液検査

すでに脳梗塞、脳出血などで他院におかかりの方

すでに他院におかかりの方の再発予防治療、定期検査もおこなっています。他院で撮影した画像もCD-ROM(DICOMデータ)としてお持ちいただければ、ほとんどの場合、当院でも見ることができます。

より高度な技術を持った医療機関と提携しています

MRI検査および脳神経外科専門医の診断の結果、より高度な医療が必要と判断される場合には、隣接する大学病院や総合病院へ速やかにご紹介することで、円滑に治療を進めます。

連携可能な病院

彩の国東大宮メディカルセンター・自治医科大学附属さいたま医療センター・さいたま赤十字病院・埼玉医科大学総合医療センター・埼玉医科大学病院・防衛医科大学病院 など

内科診療・生活習慣病予防も実施

脳卒中の予防・再発予防で大切なのは、脳卒中をひきおこすリスクのある高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、心房細動などの、厳重なコントロールと治療です。当院では、高血圧や高脂血症などの内科診療もおこなっています。また、糖尿病を専門とした内科医もおりますので、生活習慣病の予防・再発防止のための血糖値、血圧管理、脂質異常症の管理をおこない、食事の指導に力を入れ、生活習慣のアドバイスをより強化しています。

診療のご予約について

当院では、診察の時間予約システムを導入しております。予約の方を優先させていただいておりますので
待ち時間を短縮したい方は事前予約をおすすめしております。当日、直接ご来院されても診察は受付けしております。

  • お電話にてご予約いただけます TEL:048-652-8811
    contact_tel_sp.png
  • 事前の診療のご予約が可能です WEB予約はこちら
    事前の診療のご予約が可能です WEB予約はこちら